亀頭増大方法サプリおすすめ

本当に外科治療で亀頭増大できるのか

 

亀頭は男性にとって「自信のあらわれ」ともいえるものです。これは亀頭が大きければそれだけ女性に対して快感を感じさせやすいことも関係しています。ペニスのサイズが平均または平均以上であっても亀頭が細いとそれは見劣りする原因にもなります。その亀頭を増大させるための方法として確実性が高く、効果が出るまでが早いものといえるのが「外科治療」です。

 

亀頭増大の治療の場合、アクアミドやコラーゲンなどの成分を亀頭に注入していきます。ペニスや亀頭がコンプレックスだという人にとっては少しでも早く悩みを解決したいところですが、そんな人にとっては外科治療はまさに最適なものといえるでしょう。とはいえ、この外科治療には何もメリットだけとは限りません。確実性がある、即効性もあるという理由だけで外科治療を選ぶのは少し早計といえるかもしれません。

 

確かに少しでも早く悩みを解消したいと考えるものです。しかし、外科治療という方法が本当に最適なものかどうかを考えることも大切です。確かに即効性と確実性はありますが、コラーゲンを注入することも一種の手術であることからある程度のリスクというものも考えておく必要があります。当然ながら担当の医師がミスをする可能性もゼロではありません。

 

また、治療には保険が適用されませんので必要な費用についても数万〜数十万ほどかかります。その効果についても半永久的に続くというものではなく、亀頭増大の効果を維持するためには何度も治療を繰り返す必要があります。こうしたデメリットをふまえ総合的に本当に外科治療をすべきか考える必要があります。

 

亀頭増大のための方法には外科治療だけでなく外用薬やサプリメント、器具を利用する方法などがあります。こうした数々の方法を比較し、自分にとって続けやすい最適な方法を選ぶようにしましょう。

 

亀頭増大をするためのサプリメント

 

亀頭増大を目的としたサプリメントは、多くのメーカーが様々な商品を販売しています。ここで注意したいのは、含まれている成分には相性というものがありますので、他の亀頭増大サプリメントと同時に摂取することは避けた方が良いかもしれません。これは薬でいう「飲み合わせ」と同じことですが、もうひとつ注意したいのは摂取量を守るという点です。

 

中には決められた摂取量を守らずに過剰摂取してしまうといった人もいますが、これは早く効果をあげたいということであれば逆効果といえます。過剰摂取は体の不調につながる可能性もありますので避けるべきでしょう。これは1種類のサプリメントの用量だけ守っていれば良いというわけではなく、他のサプリメントと併用することで目安摂取量以上の成分を取り入れている可能性もあります。併用すればそれだけ他の成分が必要な成分を阻害することにつながりますのでそれだけ効果が得られにくくなります。

 

また、過剰摂取は吐き気やめまり、下痢といった症状を引き起こす可能性もあります。これはサプリメントに限ったことではなく薬についても同じことです。飲み合わせをする、過剰摂取をするということは体にとって悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

 

確かにサプリメントは薬ではなく健康食品なので、それほど体に影響がないのではないかと思われるかもしれませんが、薬と同じように摂り過ぎには十分注意しましょう。サプリメントにはそれぞれ決められた用量や用法というものがあります。実際に摂取をする前にそのタイミングや用量は必ず確認しておきましょう。

 

更新履歴